特殊清掃の入るタイミング

特殊清掃を依頼するという状況の場合は一刻も早く作業に取りかかった方がベストな場合はほとんど、警察に連絡した後すぐに連絡を入れておくといいでしょう。

特殊清掃の入るタイミング

もしも、身内が、ご近所の人が大分時間の経過した遺体で発見されたという場合、どうすればよいか、気が動転してしまってわからなくなってしまうという人も少なくないでしょう。

普通のことではないので慌ててしまうのは仕方のないことです。

遺体を見つけたら、まずは警察に連絡をしましょう。

明らかに病死であるとか自殺であるとか思ったとしても、警察への通報は絶対です。

警察に届出をし、そして警察は自然死か事故死か、自殺か他殺かなど事件性の有無などを調べます。

警察が調査をしている間、部屋には入ることができませんので、この時点ではまだ特殊清掃業者を呼ぶことはできません。

しかし、警察の調査が終わって、特に事件性がないと判断されれば、警察はそのままの状態で帰ってしまい、取り残されてしまうという状況になりますから、できるだけ早くその現場を片付けたいと希望する場合は、警察に連絡した後にすぐに特殊清掃業者を探し、連絡を入れておくというのをお勧めします。

臭いが充満している場合などはご近所にも迷惑をかけてしまいますので、できるだけ早いタイミングで連絡を入れておくといいでしょう。

特殊清掃業者には、遺体のあった場所や亡くなった時期などわかっている情報を伝えておけば、警察から許可が下りた時点からすぐに特殊清掃に入ってもらうことができます。

特殊清掃を依頼するという状況の場合は一刻も早く作業に取りかかった方がベストな場合はほとんど、警察に連絡した後すぐに連絡を入れておくといいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加