畑違いの分野でキャリアを~。そんな弁護士の転職、注意点は?

しっかり見極めたい!弁護士の転職を取り巻く環境とは?

弁護士といえどもキャリアの違う企業や組織への転職は、貢献度や実績の積み上げで頭打ちになることも。評価は厳しく、企業の浮沈をも左右する。

しっかり見極めたい!弁護士の転職を取り巻く環境とは?のメイン画像

畑違いの分野でキャリアを~。そんな弁護士の転職、注意点は?

弁護士を必要とする企業や組織はここ数年で倍増しています。

しかし自身のキャリアと異なる分野への転職には十分な検討が必要です。

◇転職のチャンスは大きくても見極めは慎重に。

弁護士の現在の転職状況を市場というカタマリでみてみると、キャリアの選択にあたってポイントとなるのが、転職のタイミングです。

国内においてこれまでになかったような海外への輸出やコラボレーションが増えたこともあって、その世界では訴訟案件も増えています。

現在の状況は弁護士としての転職者にとって有利なポジションでも、キャリアの選択次第では不利な状況に陥る分野もあります。

見極めがカギを握ります。

◇キャリア違いで貢献できなければ評価は厳しい。

有利・不利をどのように見極めるかで転職の成功率が変わってきます。

弁護士としてどんなにキャリアがあっても、キャリアが違えば転職先での貢献度も違ってきます。

貢献したくても不慣れで力になれない弁護士に対して、周囲の評価は甘くありません。

訴訟は勝敗による決着が明らかになる舞台、企業等にとっては経営に関わる大事です。

転職先がこれまでとは異なる会社や組織であれば、それなりの覚悟が必要です。

◇弁護士として新たなキャリアを積上げたい願望だけが先に立ってしまえば、転職そのものが失敗に終わることもあります。

弁護士という資格はあっても、それ以外は一般人の転職と変わりありません。

むしろ転職先への貢献は絶対であり、言い訳の効かない職業です。

転職はしやすい売り手市場でも、軽はずみな決断は慎むべきです。

このエントリーをはてなブックマークに追加